企業で使用する名刺をデザインする会社が多くありますが、最近では企業内でデザインする会社も増えてきています。自由に名刺のデザインを変更することができますし、また社内でデザインすることで外注する際のタイムロスをカバーすることができます。

制作時間が短縮できる!

名刺を外注ではなく社内でデザインすることにメリットは多くあります。外注で制作する企業が多かった頃は、発注してから納品されるまでに時間がかかったのです。そのため名刺の消耗が激しい営業職の中には発注依頼が遅れるようなケースもあり、名刺が切れてしまい営業が思うようにできないこともあったのです。それが社内でデザインすることができるようになったことで依頼を受けてから納品されるまでの時間が短縮することができるようになったのです。しかしその分、急な依頼が常態とならないように、何日または何時間前までに依頼するといった社内ルールを決めておくことが必要です。制作する担当となる商務た総務の負担が増えないようなルール作りは必要です。

発注枚数が自由になる!

また名刺のデザインを外注する場合には、外注先によっても多少違いますが、その多くは発注単位が百枚単位になります。そのため部署異動が決まっている場合に、異動前の部署での名刺が数枚不足するといったケースで名刺が必要になったとしても、百枚を発注する必要があり経費の無駄が発生することになります。しかし社内で制作することでデザインする枚数の調整ができるようになり必要枚数をデザインすることで無駄な名刺をデザインしなくてもいいことになり経費削減にもつながります。必要枚数をすればいいことにより、年末年始の挨拶の際には、ご挨拶といった印字をした名刺を必要枚数デザインすることで営業も効率的な企業回りをおこなうことができるようになります。

いろいろな変更に対応できる!

企業の事情においても、事務所を移転することで名刺の再デザインが必要になることも多いです。名刺には事務所の住所が記載されていることが多いために全社員分のデザインが必要になります。また企業ブランドを変更をすることで会社のマークやロゴを変更するケースもありその場合にも名刺のデザインが必要になります。時流の変化のスピードが早くなったことでそれに対応することも必要になり、いちいち外注に出したり、版下デザインを外注に出して確認することで、時間がかかりスピードダウンすることになります。それを社内で全ておこなうことができればイメージデザインを社内でデザインし、それを直ぐ確認し修正したりと、これらの繰り返しを時間をかけることなくデザインすることが可能になります。